北欧ブランド

【北欧食器】今更聞けない?iittala(イッタラ)のティーマって何?

ティーマ

北欧食器として最も有名なシリーズの1つが北欧発祥ブランドiittalaの「ティーマ」です。

名前だけ聞いた事がある、あるいはみた事あるという方もいるかもしれません。

食器好きの間ではかなり有名なシリーズなので、今更聞きづらいという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、iittalaのティーマについて詳しく紹介しようと思います。


ティーマとは

ティーマ ハニーティーマ公式サイト(https://www.iittala.jp/)

ティーマとは、北欧発祥のテーブルウェアブランドである「iittala」の人気シリーズのひとつです。

1948年に発表された「キルタ」シリーズを改良したものであり、形や大きさ、カラーバリエーションがかなり豊富なので、組み合わせ次第で無限大に楽しむ事ができます。

機能性もかなり抜群で、電子レンジや食洗機にも対応しているので、オーブンから料理を食卓にそのまま運ぶ事ができるんです。

フィンランドブームの火付け役となった映画「かもめ食堂」にも登場しました。

iittala公式サイト

ティーマの特徴

ティーマ公式サイト(https://www.iittala.jp/)

そんな大人気のティーマですが、以下のような特徴があります。

ティーマの特徴

  • カラーバリエーションが豊富
  • 形や大きさが様々
  • どんな料理にも合うシンプルなデザイン

カラーバリエーションが豊富

ティーマ パウダー ハニーiittala公式サイト(https://www.iittala.jp/)

ティーマはとにかくカラーバリエーションが豊富です。

何色か購入して、インテリアとして棚に飾ってみてもお洒落になります。

カラー次第で料理の印象も部屋の印象も変わってくるので、ぜひ多くの組み合わせを楽しんでみてください。

ただし全色集めるのは困難で、特に「ピスタチオ」というカラーは、あるイベントの為だけに生産されていたのでかなりレアです。

形や大きさが様々

ティーマ サイズiittala公式サイト(https://www.iittala.jp/)

プレートやマグ、ティーポットにボウル。

とにかくティーマはラインナップがたくさんあります。

さらにプレートやボウル等は、サイズのバリエーションも豊富です。

たくさんの種類があるので、食卓に並ぶ食器をティーマで統一できちゃいます。

どんな料理にも合うシンプルなデザイン

iittala公式サイト(https://www.iittala.jp/)

デザイナーのカイ・フランクが「必要な装飾は色だけ」と語っているように、ティーマのデザインはかなりシンプルです。

その分どんな料理にも相性抜群なので、多くのシーンで大活躍します。

シンプルな飽きのこないデザインは、長期的に使い続ける事ができるのでオススメです。


ティーマのおすすめカラー

今回、数あるティーマのカラーの中から特に可愛いと思ったものをピックアップしました!

今回紹介するカラー

  • ハニー
  • パウダー
  • ライトブルー

ハニー

26cm プレート ハニー引用:iittala公式サイト(https://www.iittala.jp/) 26cm プレート ハニー

鮮やかなイエローが特徴のこちらは「ハニー」と言います。

最近とても人気のあるカラーです。

ハニーは2018年のスペシャルプロダクトとして4色が発売されたサマーマグの中で最も人気の高かった色です。

2020年夏までは日本市場でのみ購入できるカラーとして発売されていましたが、秋からグローバル(定番化)として発売が始まりました。

これからも長く買い続ける事ができるのは、とてもありがたい事ですね。

パウダー

26cm プレート パウダー引用:iittala公式サイト(https://www.iittala.jp/) 26cm プレート パウダー

淡いピンクが特徴のこちらは「パウダー」です。

パウダーは元々2018年からヘルシンキの百貨店ストックマンのみで販売されていましたが、2019年春からはグローバル(定番化)カラーとなっています。

こちらも人気のあるカラーで、どんな食器とも相性抜群です。

使える場面も多いので1枚は持っておきたいカラーですね。

ライトブルー

ライトブルー引用:iittala公式サイト(https://www.iittala.jp/) 26cm プレート ライトブルー

優しいブルーが特徴のこちらは「ライトブルー」です。

2017年から定番カラーとなりました。

北欧らしい上品な淡いカラーなので、食器棚にあるだけで気分も上がりますよ♪

今回紹介した3つのカラー以外にも素敵なカラーがあるので、是非チェックしてみてください。


ティーマに関する様々な疑問

イッタラ プレート引用:iittala公式サイト(https://www.iittala.jp/)

ティーマを購入するに当たって、あるいは購入後に多くに人が疑問に感じるポイントを以下にまとめました。

ティーマに関する疑問

  • シールは剥がす?剥がさない?
  • どのサイズを選べばいい?

それでは、ひとつずつ見ていきましょう!

シールは剥がす?剥がさない?

イッタラ リサイクル引用:イッタラジャパン公式Twitter リサイクルガラス

イッタラの製品には全て、イッタラのロゴマークのシールが貼り付けてあります。

イッタラの製品を購入した人が必ず直面する課題がこの「シール剥がす問題」です。

「剥がした方が見た目がシンプルだから良い」

「剥がしてしまったら物足りない」

…このように、シールを剥がす事については意見が様々。

もし悩んでいるという方は、購入後しばらくは付けておいた方がいいかもしれませんね。

どのサイズを選べばいい?

ティーマ サイズiittala公式サイト(https://www.iittala.jp/)

先に述べた通り、ティーマは形も大きさも種類がたくさんあります。

中でも、プレートについては5種類もあります。

そこで、それぞれのプレートのイメージを以下にまとめてみました。

  • 12cm(小さめの取り皿、調味料皿、小さめのスイーツ)
  • 15cm(丁度いい取り皿、シナモンロール)
  • 17cm(ケーキ、スイーツ) 1番使いやすい!
  • 21cm(小さめのワンプレート、トースト、カレーライス)
  • 23cm(丁度いいワンプレート)
  • 26cm(大きめのワンプレート)

どのサイズを購入しようか悩んでいるという方は、1番利用シーンが多い17cmがオススメです。

サイズも大きすぎないので、収納にも丁度いいです、

一方26cmは、大きすぎるのであまり出番がないなんて声もあります…

全サイズ集めたいという方も、まずはよく使うサイズから購入してみてはいかがでしょうか?


ティーマはどんなアイテムとも相性抜群◎

イッタラ引用:iittala公式サイト(https://www.iittala.jp/))

ティーマの魅力は伝わりましたでしょうか?

ティーマはどのブランドのどんなアイテムとも相性抜群なので、いくつあっても困りません。

これを機に1枚ずつ集めてみてはいかがでしょうか?

iittala公式通販サイト